パリの冬限定サーカス「シルク・ディヴェール」

| コメント(0) | トラックバック(0)
フランス旅日記、今回は冬のサーカスをご紹介します。

昨年冬に行ったフランス旅の目的の一つ「サーカス」。
前に「パリノルール」というガイドブック(一般的なガイドブックと違ってコアな情報が載っていてかなりおススメ!)に冬だけ開催されるサーカスがあると書いてあったのが気になっていて、今回、「シルク・ディヴェール」を観に行くことにしました。

チケットはウェブから購入可能ですが、日本語のサイトはありません。今回は現地の知り合いの方に取ってもらったので助かりました。予約時に席を悩んでいたらあっという間に埋まってしまったそうで、購入時から人気がありそうな様子!

公園は昼間と夕方の2回あり、今回は夕方の回を観に行くことにしました。
会場は駅を降りたらすぐの場所にあるのですが、まず建物にびっくり!
日本のサーカスは即席で建てられたテントのような外観ですが、こちらは荘厳な建物。
こんな感じ。外観からではここでサーカスが行われとは思えません。(フランス人はわかるのかもしれませんが...)
s_01.JPG


中に入ると内装も歴史があり、レトロな雰囲気。会場は円形劇場といった感じで舞台が真ん中にあり、座席が3段で傾斜になっており、空間全体が赤く、映画でみたような景色!雰囲気だけでワクワクしてしまいます。
s_02.JPG

そして、いざ演目が始まると生演奏に合わせ、動物のショー、空中ブランコ、コメディなどなど、もう魅力的な演目ばかり!空中ブランコは命綱をつけないで演技している場面もあり、ハラハラしっぱなしでしたが、私が今まで見てきた中で圧倒的な面白さでした。
s_03.JPG

演目の間に休憩があったので売店へ行くと、またこの売店がとても素敵な雰囲気!
s_04.JPG


レトロな機械で作るおっきな綿菓子を何人もの子どもたちが持っていてほほえましい光景でした。
s_05.jpg

そして後半の演目が続き、およそ2時間ほどで終了。
今まで観たサーカスで一番と言っても過言ではなくとても見応えのあるものでした。
フランス語がわかればもっと楽しかっただろうな~
会場は地元の人ばかりで観光客が少なかったので、日本語吹き替えなどはありませんが、
冬にパリに行く際はおススメです。






トラックバック(0)

トラックバックURL: http://takenagaeri.com/mt/mt-tb.cgi/75

コメントする