トゥールーズ=ロートレック展

| コメント(0) | トラックバック(0)
先日、三菱一号美術館でトゥールーズー=ロートレック展を観ました。

toulouse.jpg

ロートレックは19世紀末に活躍した画家で、モンマルトルの劇場などのポスターが有名です。
今回の展示は、ポスターとリトグラフがメインで、そのほとんどが三菱一号美術館の所蔵と知りびっくり!
当時のモンマルトルの雰囲気、ポスターのグラフィックとしての美しさ、独特の線と鮮やかな色にとても魅了されました。
また、ロートレックが過ごしたフランスのアルビの街にも焦点を当てた展示でした。
アルビにあるロートレック美術館...いつか行ってみたいです。
三菱一号美術館も明治時代の建物を利用したとても趣のある美術館で、展示も建物も楽しめます。

展示に行くと思うのが、ロートレックを始め有名な画家はやはりデッサンがとても上手い。そして、日本の浮世絵から影響を受けている人が多いです。

私もデッサン&日本の美術について改めて勉強しなくては...!と実感する展示でもありました。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://takenagaeri.com/mt/mt-tb.cgi/61

コメントする