モネとジヴェルニーの画家たち展

| コメント(0) | トラックバック(0)
先日、渋谷のBunkamuraに「モネとジヴェルニーの画家たち」展を観に行ってきました。

モネは、私にとって大好きな画家の一人。

モネの絵から放たれる光は、本当に気持ち良くて心地よい。
自然の景色が、モネの目を通すと、こんなにも色鮮やかで心地よいものになるんだーと、感嘆してしまいます。
モネの絵には、ずっとこの絵の前にいたい!と思えたり、あまりの素晴らしさに、感動して泣きそうになることもあります。

今回はタイトルに「モネ」とあるし、モネ好きとしては押さえておかなきゃ!と思い、行ってきました!
ジヴェルニーとは、モネが晩年に過ごした地名の名前で、パリ市内から80kmほどの村。
TGV(日本で言う新幹線)を使えば、パリから1時間くらいでいけます。
モネが住んだ事がきっかけで、多くの芸術家がこの村に集まり、多くの作品が生まれました。
今回の展示では、モネとジヴェルニーにゆかりのある画家たちの展示で、
絵の対象がジヴェルニーの自然や町の様子だったので、全体的にとっても心地よい内容でした。モネの作品もたくさん見られて大満足!!

ミュージアムショップでは、絵はがき2枚とボールペンを買いました♪
ボールペンは、毎日使っている手帳のお供にする予定!

monet.jpg


今度フランスに行く時は、ジヴェルニーを訪れたいと思います。
そして、ゆっくり時間を過ごして、ジヴェルニーの自然を絵にしたいな〜

モネが気になる方は、
日本でしたら、直島の地中美術館で大きな睡蓮の作品と安藤忠雄のコラボレーションが素敵ですね!
フランスのオランジュリー美術館(モネの睡蓮を飾るために建てられた美術館!部屋いっぱいの睡蓮の大作が見られます!!)や、マルモッタン美術館の地下(モネの作品だけで構成された階があり、モネだけの空間に包まれます♪)もおススメです!

あー書いていたら、フランスに行きたくなってきました♪

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://takenagaeri.com/mt/mt-tb.cgi/23

コメントする